葬儀で失礼に当たらない服装

親族や知人が亡くなれたため葬儀に出席しなければならないけれど、葬儀の経験が浅いのでどんな服装をしていけばよいのか分からないという方は意外と多くみられます。 以下では、そうした葬儀に関する服装について今一度、失礼に当たらないよう確認していきたいと思います。 1.参列者は格式の低い礼服を 葬儀と言うと、「大切な場面だから最も格式の高い礼服を着ていかなければならない」と考えている方が少なからずいますが、これは正しくありません。あくまで参列者は遺族よりも格式の低い礼服を着用しなければなりませんので、仮に正式な礼服を所有していたとしても、参列する場合には略式の礼服を着用しましょう。 2.基本はブラックフォーマル 一連の流れには仮通夜や通夜、葬儀など様々な場面がありますが、基本的に服装の色はブラックで統一することが無難です。また、アクセサリー類の着用も原則としては避ける必要があります。ただし、結婚指輪と時計に関しては目立つものでなければ付けていて問題ありません。 3.未成年の服装について 未成年の方が参列される場合には、学生であれば制服、制服がなければ柄のないシャツにブレザーというのが一般的です。こちらも大人と同様に明るい色を含めることは失礼に当たりますので、黒やグレーを基調としたもので整えておきましょう。参列する前に知っておきたい葬儀のマナー